乳房を大きくする豊胸について

バナー

乳房を大きくする豊胸について

豊胸は乳房を大きくすることであり、手術により行われる場合がほとんどです。

なお、この呼称は外観上の美容目的によるものに用いられることが一般化しており、外傷や乳癌手術後に行われる乳房を大きくする(あるいは元に戻す)事は「乳房再建」と呼ばれています。



用いられる方法は基本的に「胸部に何かを詰める」というものであり、1950年代に美容目的で豊胸が用いられ始めたときから現在に至るまで、大きな技術の発展を伴いながら認知を高めてきました。

難波のレーザー脱毛のクリニックの詳細は専用ホームページで紹介しています。

しかし、技術進歩の過程では重大なものを含む失敗も存在しました。

池袋の美容室の口コミ情報を掲載しています。

初期の段階で使われたパラフィンやシリコンジェルを直接皮下注入する方式では、組織の壊死など様々な合併症・後遺症が発生し、1960年代以降はシリコンジェルを袋に詰めたインプラント「シリコンジェルバッグ」、生理食塩水を同様に用いた「生理食塩水バッグ」らを埋め込む方式が普及しました。



しかしこれらの方式の長期使用につれ、前者は「破損による変形」「中身の漏出による健康被害」、後者は「内容物に高分子ポリマーを含んだことによる安全性の低下」といった問題が表面化し、使用の禁止・一時停止と改善による解禁が繰り返されることとなりました。

大阪のニキビの皮膚科の情報はココで集まります。

現在は、旧来の「バッグ挿入法」に加え、患者自身から脂肪吸入で抽出した脂肪を用いる「脂肪注入法」、体内に含まれる成分であるヒアルロン酸を用いる「ヒアルロン酸注入法」も一般化しており、患者がメリットとデメリットを様々な豊胸方式において比較検討し、選択することが可能となっています。

http://matome.naver.jp/topic/1Lx5y
https://www.youtube.com/watch?v=yLzU-vKihfM
http://nanapi.jp/92057/